コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥毛立女の図屏風・鳥毛立女の図屛風 とりげりゅうじょのずびょうぶ

大辞林 第三版の解説

とりげりゅうじょのずびょうぶ【鳥毛立女の図屏風・鳥毛立女の図屛風】

〔「とりげたちおんなびょうぶ」とも〕
正倉院御物の一。樹下美人図の代表作としても知られ、国家珍宝帳に天平勝宝8年(756)献納の記載がある。六扇から成り、唐風の影響が色濃い絵画は紙本粉地に墨線で下描きし、人物の顔・手・袖口などに彩色を施す。各所に日本産のヤマドリの羽毛が貼られていたが、現在はほとんど剝落。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鳥毛立女の図屏風・鳥毛立女の図屛風の関連キーワード樹下美人図国家珍宝帳ヤマドリ天平勝宝代表作羽毛袖口献納唐風彩色

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android