コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥獣人物戯画(鳥獣戯画)

1件 の用語解説(鳥獣人物戯画(鳥獣戯画)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鳥獣人物戯画(鳥獣戯画)

相撲や水浴びなどに興じるサルやカエルキツネなどの動物のほか、様々な人物をユーモラスに描いた墨絵の風刺画。4巻(甲・乙・丙・丁)から成り、横53~57センチ、縦31センチ前後の和紙をつないで計約44メートルの絵巻物に仕立てられた。鳥羽僧正覚猷(かくゆう)を作者とする説があるが、複数の筆跡がうかがえることから異論も出ている。

(2011-02-16 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥獣人物戯画(鳥獣戯画)の関連キーワードエルサルバドル帰山角通興じる水浴び遊興冷水浴サルサソース春さる

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥獣人物戯画(鳥獣戯画)の関連情報