鳥籠の山・鳥篭の山(読み)とこのやま

大辞林 第三版の解説

とこのやま【鳥籠の山・鳥篭の山】

近江国の不知哉いさや川近辺にあった山。現在のどの山にあたるかは未詳。⦅歌枕⦆ 「あだにちる露の枕にふし侘びてうづら鳴くなり-風/新古今 秋下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android