コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥羽屋里長(1世) とばやりちょういっせい

1件 の用語解説(鳥羽屋里長(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥羽屋里長(1世)
とばやりちょういっせい

[生]元文3(1738).上総
[没]寛永6(1794)/寛永7(1795)
常磐津節富本節三味線方。別称里の都 (さとのいち) 。鳥羽屋三右衛門の門弟。目が不自由だった。天明1 (1781) 年富本に属し,同3年2世岸沢古式部の病気代役に招かれて,一門を率いて常磐津に転向。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥羽屋里長(1世)の関連キーワード木下利忠外山宣勝西洞院範篤光琳勃・歿・没飯田東渓二条宗煕保科正殷盛子内親王(2)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone