鳥越烟邨(読み)とりごえ えんそん

美術人名辞典の解説

鳥越烟邨

江戸後期の画家。岡山藩士。京都生。名は霖、のち澹、字は澹卿、通称を仙蔵、別号に梅圃。浦上春琴に画を学び、詩文を能くした。俗事を嫌い家を子に譲り、氏を梅と改め、中国・九州各地を遊歴した。文政嘉永(1818~1854)頃の人、歿年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android