コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥辺山・鳥部山 とりべやま

大辞林 第三版の解説

とりべやま【鳥辺山・鳥部山】

◇
京都、阿弥陀ヶ峰の別称。また、鳥辺野まで含めた丘陵地。
地歌の一。近松門左衛門作詞、湖出金四郎作曲、岡崎検校改調とされる。宝永3年(1706)京都、都万太夫座上演の歌舞伎「鳥辺山心中」の道行きの曲を地歌に移したもの。
薗八そのはち節の代表的な曲。明和(1764~1772)の頃、宮薗鸞鳳軒みやぞのらんぽうけん作曲。義太夫節「太平記忠臣講釈」による。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android