コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳩山 一郎 ハトヤマ イチロウ

20世紀日本人名事典の解説

鳩山 一郎
ハトヤマ イチロウ

大正・昭和期の政治家 首相;自民党初代総裁;衆院議員。



生年
明治16(1883)年1月1日

没年
昭和34(1959)年3月7日

出生地
東京都文京区

学歴〔年〕
東京帝大英法科〔明治40年〕卒

経歴
東京市議から、大正4年衆院議員(政友会)に当選。昭和6年犬養、7年斎藤内閣の文相に就任。8年京大滝川事件当時の文相として大学の自治に介入。9年大蔵省疑獄事件に連座。政友会分裂の折には久原派の中核となった。戦後自由党結成に参加し初代総裁となるが、組閣寸前に公職追放となる。のち鳩山派を率いて、29年日本民主党を結成。同年ようやく首相就任の夢を果たし、保守合同を実現、自由民主党を結成し初代総裁に就任。3次まで組閣し、現自民党政権の原型をつくりあげた。31年にソ連を訪れ国交回復、また国連加盟を実現した。衆院議員通算15期。著書に「私の自叙伝」「鳩山一郎回顧録」など。平成11年「鳩山一郎・薫日記」が刊行された。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

鳩山 一郎
ハトヤマ イチロウ


肩書
第52・53・54代首相,自民党初代総裁,衆院議員

生年月日
明治16年1月1日

出生地
東京都文京区

学歴
東京帝大英法科〔明治40年〕卒

経歴
東京市議から、大正4年衆院議員(政友会)に当選。昭和6年犬養、7年斎藤内閣の文相に就任。8年京大滝川事件当時の文相として大学の自治に介入。9年大蔵省疑獄事件に連座。政友会分裂の折には久原派の中核となった。戦後自由党結成に参加し初代総裁となるが、組閣寸前に公職追放となる。のち鳩山派を率いて、29年日本民主党を結成。同年ようやく首相就任の夢を果たし、保守合同を実現、自由民主党を結成し初代総裁に就任。3次まで組閣し、現自民党政権の原型をつくりあげた。31年にソ連を訪れ国交回復、また国連加盟を実現した。衆院議員通算15期。著書に「私の自叙伝」「鳩山一郎回顧録」など。平成11年「鳩山一郎・薫日記」が刊行された。

没年月日
昭和34年3月7日

家族
父=鳩山 和夫(衆院議長・早大総長) 母=鳩山 春子(共立女子大創立者) 弟=鳩山 秀夫(東大教授・衆院議員) 妻=鳩山 薫(共立女子学園理事長) 長男=鳩山 威一郎(参院議員) 長女=古沢 百合子(家庭生活研究会会長) 孫=鳩山 由紀夫(衆院議員) 鳩山 邦夫(衆院議員)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

鳩山 一郎の関連情報