鳳 秀太郎(読み)ホウ ヒデタロウ

20世紀日本人名事典の解説

鳳 秀太郎
ホウ ヒデタロウ

明治〜昭和期の電気工学者 東京帝大教授。



生年
明治5年1月1日(1872年)

没年
昭和6(1931)年9月16日

出生地
大阪府堺市甲斐町

学歴〔年〕
東京帝大電気工学科〔明治29年〕卒,東京帝大大学院

学位〔年〕
工学博士〔明治40年〕

経歴
明治29年東京帝大電気工学科を卒業し、大学院で交流工学を専攻した。30年東京帝大工科大学助教授となり、36年電気磁気学の研究のため文部省より英国・米国・ドイツの3ケ国に留学を命じられ、39年帰国し教授に就任。専門は交流工学。大正10年電気学会会長となり、他に多数の学会・団体と関係した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳳 秀太郎の関連情報