鳳 秀太郎(読み)ホウ ヒデタロウ

20世紀日本人名事典の解説

鳳 秀太郎
ホウ ヒデタロウ

明治〜昭和期の電気工学者 東京帝大教授。



生年
明治5年1月1日(1872年)

没年
昭和6(1931)年9月16日

出生地
大阪府堺市甲斐町

学歴〔年〕
東京帝大電気工学科〔明治29年〕卒,東京帝大大学院

学位〔年〕
工学博士〔明治40年〕

経歴
明治29年東京帝大電気工学科を卒業し、大学院で交流工学を専攻した。30年東京帝大工科大学助教授となり、36年電気磁気学の研究のため文部省より英国・米国・ドイツの3ケ国に留学を命じられ、39年帰国し教授に就任。専門は交流工学。大正10年電気学会会長となり、他に多数の学会・団体と関係した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳳 秀太郎の関連情報