コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥 なかぬならなくまでまとうほととぎす

1件 の用語解説(鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

なかぬならなくまでまとうほととぎす【鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥】

機が熟するまで辛抱強く待っていよう、という意。随筆「甲子かつし夜話」に徳川家康の言葉として見える。織田信長が「鳴かぬなら殺してしまえ時鳥」、豊臣秀吉が「鳴かぬなら鳴かしてみしょう時鳥」といったのを受けた句で、信長の強引さ、秀吉の積極性に対して、家康の忍耐強さを表現した句。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone