コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥 なかぬならなくまでまとうほととぎす

大辞林 第三版の解説

なかぬならなくまでまとうほととぎす【鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥】

機が熟するまで辛抱強く待っていよう、という意。随筆「甲子かつし夜話」に徳川家康の言葉として見える。織田信長が「鳴かぬなら殺してしまえ時鳥」、豊臣秀吉が「鳴かぬなら鳴かしてみしょう時鳥」といったのを受けた句で、信長の強引さ、秀吉の積極性に対して、家康の忍耐強さを表現した句。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥の関連キーワード鳴くまで待とう時鳥鳴く・啼く豊臣秀吉織田信長徳川家康積極性随筆

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android