コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴り物・鳴物 なりもの

大辞林 第三版の解説

なりもの【鳴り物・鳴物】

音曲に用いる鉦・太鼓・笛・三味線などの総称。楽器。 「歌と踊りに-が加わる」
歌舞伎の下座音楽で、三味線以外の楽器。また、それを用いた囃子はやし。大鼓・小鼓・太鼓・笛の四拍子と大太鼓を中心に大拍子だいびようし・本釣り鐘・銅鑼どら・チャッパ・駅路などの補助楽器がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鳴り物・鳴物の関連キーワードチャッパ四拍子三味線駅路

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android