鳴り物・鳴物(読み)なりもの

大辞林 第三版の解説

なりもの【鳴り物・鳴物】

音曲に用いる鉦・太鼓・笛・三味線などの総称。楽器。 「歌と踊りに-が加わる」
歌舞伎の下座音楽で、三味線以外の楽器。また、それを用いた囃子はやし。大鼓・小鼓・太鼓・笛の四拍子と大太鼓を中心に大拍子だいびようし・本釣り鐘・銅鑼どら・チャッパ・駅路などの補助楽器がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android