コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴沢[村] なるさわ

1件 の用語解説(鳴沢[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なるさわ【鳴沢[村]】

山梨県南端,南都留(みなみつる)郡の村。人口2784(1995)。富士山北麓に位置する。村の北部に東海自然歩道が通る足和田山があり,西には青木ヶ原の大樹海が広がる。富士山の溶岩流地帯で生産性に乏しく,林業を主体に養蚕,雑穀栽培などが行われてきたが,近年はキャベツダイコンを中心に高原野菜の生産が盛んである。1964年富士スバルラインが通じたことにより,広大な高原地帯にゴルフ場や別荘地が造成され,富士五湖観光の一中心となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鳴沢[村]の関連キーワード青木ヶ原郡内道志川身延都留文科大学健康科学大学都留かつやまどうしなるさわ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone