鳴神・雷(読み)なるかみ

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] かみなり。なるいかずち。いかずち。らい。《季・夏》
※万葉(8C後)一一・二五一三「雷神(なるかみ)のしましとよもしさし曇り雨も降らぬか君をとどめむ」
※太平記(14C後)一〇「太刀を打振て、鳴雷(ナルカミ)の落懸る様に、大手をはだけて追ける間」
[2] (鳴神) 歌舞伎十八番の一つ。天和四年(一六八四)に江戸中村座で初演された「門松四天王」(初世市川団十郎作)に始まり、その後諸作品を経て、寛保二年(一七四二)頃大坂大西芝居で初演された「鳴神不動北山桜」によって定着。朝廷に恨みを持つ鳴神上人は、龍神を封じ込めて天下を旱魃(かんばつ)におとし入れるが、朝廷から遣わされた美女雲の絶間姫の容色に迷って呪法を破ってしまう。現行曲は、岡鬼太郎が「鳴神不動北山桜」によって改訂した一幕物で、明治四三年(一九一〇)二世市川左団次が復活したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android