コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴門市営バス

1件 の用語解説(鳴門市営バスの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鳴門市営バス

1949年4月から運行。70年ごろのピーク時には貸し切りバスを含め計39台あり、10路線で年317万人を運んだ。自家用車の普及などで利用が減って11年は年30万人余り。累積赤字も膨らみ、今月末で廃止されることになった。約7億円の負債は市債発行で完済される予定。現在はバス十数台で引田、北泊、大麻の3路線で運行。市によると、この3路線を徳島バスに移譲するなどし、4月以降も市民の足は確保する。

(2013-03-28 朝日新聞 朝刊 徳島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

鳴門市営バスの関連キーワードイタリア映画日中関係文化勲章吉田茂内閣早稲田文学国際赤十字IRC映倫イェンゼン沖電気工業[株]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone