鴨川・賀茂川・加茂川(読み)かもがわ

大辞林 第三版の解説

かもがわ【鴨川・賀茂川・加茂川】

京都市街東部を貫流し、桂川に注ぐ川。北山城山塊の桟敷ヶ岳さじきがだけに源を発する。長さ31キロメートル。高野川との合流点から上流を賀茂川、下流を鴨川と書く。友禅染めの水洗いに利用。「加茂の七石」といわれる水石を産する。⦅歌枕⦆ 「 -の水底みなぞこ澄みて照る月をゆきて見むとや夏祓へする/後撰

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android