コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴨方[町] かもがた

百科事典マイペディアの解説

鴨方[町]【かもがた】

岡山県南西部,浅口郡の旧町。南北丘陵にはさまれ,中央に低地が開け,山陽本線山陽自動車道が通じる。主集落鴨方はかつて岡山藩支藩陣屋町。モモ,イチゴ,花卉(かき)栽培を行い,そうめん特産酒造業も行われ備中杜氏(びっちゅうとうじ)の出身地として有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かもがた【鴨方[町]】

岡山県南西部,浅口郡の町。人口1万9417(1995)。町の北部と南部は山地や丘陵が占め,その間の地溝帯の低地に市街地が開ける。中心集落の鴨方は江戸時代,岡山藩の支藩鴨方藩池田氏2万5000石の陣屋町として発展し,南隣の寄島町はその外港であった。山陽本線と国道2号線が通じ,山陽自動車道のインターチェンジがあるが,鴨方駅は中心市街から南に1.6km離れた地にあり,駅前に新市街地が形成されている。基幹産業は農業で米作と桃の果樹栽培を中心とした集約的多角経営が行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android