コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴨祐夏

1件 の用語解説(鴨祐夏の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鴨祐夏

鎌倉後期・室町前期の歌人・神官。禰宜鴨祐雄の子。本姓は梨木。河合社権禰宜・貴船社禰宜。定為に和歌を学び、正中二年の月次歌会『飛月集』に出詠。二条為世・頓阿と交流があった。主な著に『続現葉集』『藤葉集』。生歿年未詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鴨祐夏の関連キーワード飛鳥井雅孝正徹津守国冬千鳥祐春棡友壽草庵集藤原為世藤原為定三原物来国光

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone