コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴨祐夏

美術人名辞典の解説

鴨祐夏

鎌倉後期・室町前期の歌人・神官。禰宜鴨祐雄の子。本姓梨木。河合社権禰宜・貴船社禰宜。定為に和歌を学び、正中二年の月次歌会『飛月集』に出詠。二条為世頓阿と交流があった。主な著に『続現葉集』『藤葉集』。生歿年未詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android