鴻池 幸武(読み)コウノイケ ヨシタケ

20世紀日本人名事典の解説

鴻池 幸武
コウノイケ ヨシタケ

昭和期の文楽研究家



生年
大正3(1914)年7月15日

没年
昭和20(1945)年

出生地
大阪府大阪市

学歴〔年〕
早稲田大学文学部国文科〔昭和12年〕卒

経歴
12代目鴻池善右衛門の二男。幼時から古典芸能に親しんだ。卒業後、早大演劇博物館に勤め、石割松太郎に師事して文楽の研究を続けた。文楽の技芸の低下を嘆き、名人の芸談収集に力を注ぐ。親交のあった武智鉄二に多大の影響を与えた。昭和19年召集され20年春フィリピンで戦死した。著書に「栄三自伝」「道八芸談」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android