コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴻臚館(こうろかん)遺跡 こうろかんいせき

1件 の用語解説(鴻臚館(こうろかん)遺跡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

鴻臚館(こうろかん)遺跡

福岡市の旧平和台球場の地下にあった古代中央政権の迎賓館遺跡。文献では知られていたが、1987年に発見された。7世紀から400年間続き、外国からの使節も利用した。これまでに遺跡南側で、建物跡を始め、中国、イスラム、新羅などの陶磁器ガラス製品、木簡などが出土。球場撤去後、発掘調査が進められ、2001年12月には9世紀(平安時代)の鴻臚北館のものらしい遺構が見つかった。東西約74m、南北約56mの大規模な礎石のある建物跡。ほかに大規模な水路跡なども分かった。04年、国史跡に指定された。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鴻臚館(こうろかん)遺跡の関連キーワード鴻臚館バビロン福岡国際マラソン袖湊デパ地下宮津カルケミッシュ厨川の柵名古屋市の地下街岡部平太

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone