コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵜住居地区防災センターの被災

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鵜住居地区防災センターの被災

釜石市が災害対策拠点として2010年に開所した鉄筋コンクリート2階建ての建物。海岸から約1キロの位置にあり、震災で高さ約9メートルの屋上近くまで津波が到達した。近くの大勢の住民が避難し、市の推計で162人が犠牲になったとされる。建物は14年2月に解体された。

(2017-04-22 朝日新聞 朝刊 岩手全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

鵜住居地区防災センターの被災の関連キーワード釜石市

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android