コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵜住居地区防災センターの被災

1件 の用語解説(鵜住居地区防災センターの被災の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鵜住居地区防災センターの被災

消防署出張所や研修室を備えた釜石市の施設で、震災の津波で避難してきた多数の住民が犠牲になった。市第三者委員会の検証では、犠牲者は推計で200人以上とされた。津波の一次避難場所ではなかったが、2010年の開所から3回にわたって地域の訓練で避難先としたため、住民らが実際の地震後も避難してきたとされる。

(2014-09-09 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鵜住居地区防災センターの被災の関連キーワード釜石市消防署県内の消防岩手県釜石市大平町岩手県釜石市大町岩手県釜石市釜石岩手県釜石市新町岩手県釜石市唐丹町岩手県釜石市平田岩手県釜石市港町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone