コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵲の橋・かささぎの渡せる橋 かささぎのはし

大辞林 第三版の解説

かささぎのはし【鵲の橋・かささぎの渡せる橋】

〔「かささぎの渡せる橋」とも〕
七夕に、牽牛けんぎゆう・織女の二星を会わせるためカササギが翼を並べて天の川に渡すという橋。男女の仲を取り持つものの意にもいう。烏鵲うじやく橋。鵲橋じやつきよう。 「空澄みわたる-/拾遺 雑秋
(宮中を天上になぞらえて)宮中の殿舎の階段。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鵲の橋・かささぎの渡せる橋の関連キーワードカササギ天の川鵲橋天上拾遺織女殿舎二星宮中

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android