コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶉焼き・鶉焼 うずらやき

大辞林 第三版の解説

うずらやき【鶉焼き・鶉焼】

饅頭まんじゆうの一種。もち米で作った薄皮の中に小豆あずきの塩餡あんを包み、鶉の斑紋のような焦げ目をつけて焼いたもの。うずらもち。
食べ物を鶉色に油でいりつけたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鶉焼き・鶉焼の関連キーワード食べ物焦げ目もち米(ごめ)斑紋一種鶉色薄皮

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android