鶯宿[温泉](読み)おうしゅく

世界大百科事典 第2版「鶯宿[温泉]」の解説

おうしゅく【鶯宿[温泉]】

岩手県盛岡市の西方,岩手郡雫石(しずくいし)町の鶯宿川渓谷に臨む温泉。天正年間(1573‐92)にウグイスが足の傷を湯につけているのをきこりが発見したことから名付けられたとの伝説がある。単純硫化水素泉,57℃。静かな湯治場であったが,近年,ホテル,旅館が建ち,付近にはゴルフ場,スキー場などが整備され,盛岡市郊外の観光保養地となっている。【川本 忠平】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android