鶯宿[温泉](読み)おうしゅく

  • 温泉
  • 鶯宿

世界大百科事典 第2版の解説

岩手県盛岡市の西方,岩手郡雫石(しずくいし)町の鶯宿川渓谷に臨む温泉。天正年間(1573‐92)にウグイスが足の傷を湯につけているのをきこりが発見したことから名付けられたとの伝説がある。単純硫化水素泉,57℃。静かな湯治場であったが,近年,ホテル,旅館が建ち,付近にはゴルフ場,スキー場などが整備され,盛岡市郊外の観光保養地となっている。【川本 忠平】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android