コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶯宿[温泉](読み)おうしゅく

世界大百科事典 第2版の解説

おうしゅく【鶯宿[温泉]】

岩手県盛岡市の西方,岩手郡雫石(しずくいし)町の鶯宿川渓谷に臨む温泉。天正年間(1573‐92)にウグイスが足の傷を湯につけているのをきこりが発見したことから名付けられたとの伝説がある。単純硫化水素泉,57℃。静かな湯治場であったが,近年,ホテル,旅館が建ち,付近にはゴルフ場,スキー場などが整備され,盛岡市郊外の観光保養地となっている。【川本 忠平】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android