鶯張り・鶯張・鴬張り・鴬張(読み)うぐいすばり

大辞林 第三版の解説

うぐいすばり【鶯張り・鶯張・鴬張り・鴬張】

木造の床板の張り方の一。踏むと床板をとめたかすがいがきしんで鶯の鳴き声のような音をたてるもの。京都知恩院の渡り廊下が有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android