コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢勝七(2代) つるざわ かつしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴沢勝七(2代) つるざわ-かつしち

1840-1900 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
天保(てんぽう)11年生まれ。初代勝七に入門,のち2代鶴沢清六にまなぶ。嘉永(かえい)7年初舞台。鶴沢玉助をへて慶応元年2代勝七を襲名。明治17年大阪の彦六座旗揚げに参加,4代竹本住太夫(すみたゆう)の三味線方をつとめた。明治33年10月4日死去。61歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。本名は久野友太郎。初名は鶴沢友太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鶴沢勝七(2代)の関連キーワード明治時代浄瑠璃

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android