コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢友次郎(6世) つるざわともじろう[ろくせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴沢友次郎(6世)
つるざわともじろう[ろくせい]

[生]1874. 京都
[没]1951.10.8.
義太夫節三味線方。本名山本大次郎。京都東洞院五条の出身で,父は三味線弾きの 2世鶴沢大造。最初 7世鶴沢三二の弟子となり,次いで 1886年 5世豊沢広助の門下に入り,鶴沢小庄の名で御霊文楽座(→文楽座)に出勤。1893年 3世鶴沢大造,1898年 4世豊沢猿糸を襲名。1912年に由緒ある名跡,鶴沢友次郎の 6世を継ぐ。大正初期から 3世竹本津太夫相三味線となったが,1924年津太夫が紋下(櫓下)になると病弱を理由に相三味線の地位を 6世野沢吉兵衛,次いで 1世鶴沢道八に譲る。1926年三味線紋下に据えられ,1927年からは再び津太夫を弾くようになり,1940年に引退するまで相三味線を務めた。派手さはないが,深い解釈によって文章をいかし,太夫を引き立てる三味線方として評価が高かった。文楽座一筋の正統な芸の伝承者として尊崇を集め,引退後も文楽座の若手や娘義太夫家など多くの後輩が指導を受けに訪れた。『文楽の鑑賞』(1944,山口広一著)などに優れた芸談を残している。(→浄瑠璃人形浄瑠璃文楽

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

鶴沢友次郎(6世)の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎おもなお雇い外国人市川崑木下恵介久松静児マキノ雅広ANZUS条約稲垣浩大庭秀雄

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android