コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢寛治(7世) つるざわかんじ[ななせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴沢寛治(7世)
つるざわかんじ[ななせい]

[生]1928.9.27. 京都
義太夫節三味線方。本名白井康夫。6歳で地唄と琴,13歳で義太夫三味線の手ほどきを受ける。1943年父 3世鶴沢寛治郞(のちの 6世鶴沢寛治)に入門して鶴沢寛子を名のり,同 1943年10月四ッ橋文楽座(→文楽座)で初舞台。1944年鶴沢寛弘と改名する。1949年に文楽が二派に分裂した当初は三和会(みつわかい)に所属したが,翌 1950年に因会(ちなみかい)に復帰,父のもとで修業にいそしんだ。1956年に 8世竹沢団六を襲名。1963年の文楽協会設立後は,次代を担う存在と目されたが,特定の太夫との相三味線契約は結ばなかった。おおらかな余韻のある美音が最大の特徴で,戦前の修業を経験した最後の世代であり,父譲りの彦六座系の奏法を伝える貴重な存在でもある。1994年に最高位である三味線格となり,1997年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。2001年由緒ある名跡鶴沢寛治の 7世を襲名。1999年勲四等旭日小綬章を受章。2002年大阪芸術賞受賞など,数多くの賞に輝く。(→浄瑠璃人形浄瑠璃

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

鶴沢寛治(7世)の関連キーワード斎藤寅次郎島津保次郎清水宏マキノ雅広五所平之助衣笠貞之助田坂具隆稲垣浩小津安二郎キャプラ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android