コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢寛治(7代) つるざわ かんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴沢寛治(7代) つるざわ-かんじ

1928- 昭和-平成時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
昭和3年9月27日生まれ。6代鶴沢寛治の次男。昭和18年父に入門する。鶴沢寛子(かんこ)(のち寛弘(かんこ))をへて,8代竹沢団六を名のる。平成6年文楽三味線最高の三味線格となる。9年人間国宝。13年7代鶴沢寛治を襲名。京都出身。本名は白井康夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鶴沢寛治(7代)の関連キーワード浄瑠璃昭和

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android