コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢文蔵(1世) つるざわぶんぞういっせい

1件 の用語解説(鶴沢文蔵(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴沢文蔵(1世)
つるざわぶんぞういっせい

[生]?
[没]文化4 (1807)
義太夫節三味線方。通称児島屋。1世鶴沢友次郎の門弟。宝暦4(1754)年頃から竹本座に出座。明和2(1765)年に三味線方筆頭となる。故実に詳しく,演奏だけでなく作曲にも妙を得ていて,同8年初演の『妹背山婦女庭訓』では,「初段から切迄大方此お人の御世話」と称賛され,天明1(1781)年の評判記では太夫をさしおいて巻頭に据えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

鶴沢文蔵(1世)の関連キーワード並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト株式会社休明光記亀山焼三菱自動車五雲亭貞秀柴田是真

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone