コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢清七(初代) つるざわ せいしち

2件 の用語解説(鶴沢清七(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴沢清七(初代) つるざわ-せいしち

1748-1826 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
寛延元年生まれ。大坂の人。義太夫節。初代鶴沢文蔵(2代鶴沢友次郎)の門下。天明2年鶴沢清七を名のる。引退後,3代鶴沢友次郎を襲名。俗に朱(しゅ)とよばれる三味線の記譜法を考案した。文政9年7月22日死去。79歳。初名は鶴沢清二郎。通称は松屋清七。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴沢清七(初代)

没年:文政9.7.22(1826.8.25)
生年:寛延1(1748)
江戸中・後期に活躍した義太夫節三味線弾き。初代文蔵の門弟。通称松屋。天明2(1782)年に清二郎から清七に改名。寛政1(1789)年に三味線筆頭になり文化9(1812)年ごろまで活躍していた。引退後は3代目友次郎を名乗った。安永ごろから朱と呼ばれる記譜法の改良に工夫を重ね,平仮名48字などにより三味線の勘所を示す現行の朱章の基を確立した。<参考文献>『義太夫年表/近世篇1,2』,4代目竹本長門太夫著・木谷蓬吟校訂『浄瑠璃大系図』(音曲叢書6巻),井野辺潔『浄瑠璃史考説』

(鎌倉惠子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴沢清七(初代)の関連キーワード義太夫三味線太夫棚竹沢弥七(7代)鶴沢寛治(4代)鶴沢蟻鳳(初代)鶴沢才治鶴沢友次郎(初代)鶴沢友次郎(2代)野沢勘蔵野沢喜八郎(初代)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone