コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢清七(1世) つるざわせいしち[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴沢清七(1世)
つるざわせいしち[いっせい]

[生]寛延1(1748)
[没]文政9(1826).7.22.
義太夫節三味線方。通称松屋清七。宝暦 10 (1760) 年竹本座に初出座。天明2 (82) 年清二郎から清七と改名。寛政1 (89) 年三味線筆頭となる。引退後3世鶴沢友次郎を名のった。安永年間 (1772~81) の頃,いろは 48文字を使って三味線のツボ (勘所) を示す「朱」という記譜法を考案した。その後改良されて今日まで使用されており,義太夫節の習得・伝承・演奏に多大の貢献をしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

鶴沢清七(1世)の関連キーワード文政

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android