コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴海一漁(2代) つるみ いちぎょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴海一漁(2代) つるみ-いちぎょ

?-? 江戸時代中期の俳人。
初代鶴海一漁の子。江戸浅草蔵前にすみ,享保(きょうほう)(1716-36)ごろ活躍した。別号に晋阿,相応庵,傘車,豆花,堤(提)堂。姓は鶴見ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鶴海一漁(2代)の関連キーワード俳人

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android