コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴賀新内(2代) つるが しんない

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴賀新内(2代) つるが-しんない

1747-1810 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
延享4年生まれ。初代鶴賀若狭掾(わかさのじょう)の門人。加賀歳(かがとし),若歳をへて2代新内をついだ。美声と鼻にかかった節おとしで人気を博す。安永のころから鶴賀系も,同系の富士松系,豊島系も,ともに新内節とよばれるようになった。文化7年7月4日死去。64歳。作品に「藤蔓(ふじかずら)恋の柵(しがらみ)」「二世の環襷(たまだすき)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴賀新内(2代)

没年:文化7.7(1810)
生年:生年不詳
江戸後期の新内節の太夫。初代新内は初代鶴賀若狭掾の門弟だが,普通新内の代数には数えない。2代目は初代若狭掾の高弟鶴賀斎の弟で目が不自由だった。初名加賀歳,若歳を経て2代目新内となる。特異な「節おとし」(終了感を与える一節の語り口)が好評で,安永6(1777)年ごろから新内節が流行するようになった。

(根岸正海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

鶴賀新内(2代)の関連キーワード鶴賀若狭太夫(2代)鶴賀 新内(7代目)鶴賀若狭太夫(初代)鶴賀 鶴吉(5代目)富士松薩摩掾(1世)鶴賀 新内(6代目)鶴賀若狭掾(2代)鶴賀若狭掾(1世)鶴賀若狭掾(2世)鶴賀新内(5代)鶴賀新内(6代)鶴賀鶴吉(4代)鶴賀新内(7代)鶴賀鶴吉(5代)鶴賀新内(4世)鶴賀鶴吉(3代)鶴賀 若狭掾鶴賀祖元六玉川とよ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android