コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴賀新内(2代) つるが しんない

2件 の用語解説(鶴賀新内(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴賀新内(2代) つるが-しんない

1747-1810 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
延享4年生まれ。初代鶴賀若狭掾(わかさのじょう)の門人。加賀歳(かがとし),若歳をへて2代新内をついだ。美声と鼻にかかった節おとしで人気を博す。安永のころから鶴賀系も,同系の富士松系,豊島系も,ともに新内節とよばれるようになった。文化7年7月4日死去。64歳。作品に「藤蔓(ふじかずら)恋の柵(しがらみ)」「二世の環襷(たまだすき)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴賀新内(2代)

没年:文化7.7(1810)
生年:生年不詳
江戸後期の新内節の太夫。初代新内は初代鶴賀若狭掾の門弟だが,普通新内の代数には数えない。2代目は初代若狭掾の高弟鶴賀斎の弟で目が不自由だった。初名加賀歳,若歳を経て2代目新内となる。特異な「節おとし」(終了感を与える一節の語り口)が好評で,安永6(1777)年ごろから新内節が流行するようになった。

(根岸正海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴賀新内(2代)の関連キーワード羅城笠井魚路九鬼隆張後藤清乗(4代)佐藤就正三鍼清水曲河樗雲寿格伴資規

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone