コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴賀新内(3代) つるが しんない

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴賀新内(3代) つるが-しんない

?-? 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
2代の門人。2代加賀歳(かがとし)をへて文化11年(1814)に3代新内を襲名したという。文政2年豊名賀薗太夫,のち鶴賀出雲掾(いずものじょう),津留賀文弥などとたびたび改名。中村座,河原崎座に出演。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴賀新内(3代)

生年:生没年不詳
江戸後期の新内節の太夫。2代目新内の門人で,2代目加賀歳を経て文化11(1814)年に3代目新内を襲名したらしい。文政2(1819)年豊名賀薗太夫,のちに鶴賀薗太夫,鶴賀出雲掾,津留賀文弥と改めた。芝居にも出演し活躍したが,同10年以降消息不明。

(根岸正海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

鶴賀新内(3代)の関連キーワード鶴賀若狭太夫(2代)鶴賀 新内(7代目)富士松薩摩掾(1世)鶴賀 新内(6代目)鶴賀若狭太夫(初代)鶴賀 鶴吉(5代目)鶴賀若狭掾(2代)鶴賀若狭掾(1世)鶴賀若狭掾(2世)鶴賀鶴吉(4代)鶴賀新内(4世)鶴賀鶴吉(5代)鶴賀鶴吉(3代)鶴賀新内(6代)鶴賀新内(5代)鶴賀新内(7代)鶴賀 若狭掾鶴賀若狭掾鶴賀祖元六玉川