鶴賀若狭掾(3代)(読み)つるが わかさのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴賀若狭掾(3代) つるが-わかさのじょう

1938- 昭和-平成時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
昭和13年7月11日生まれ。父の鶴賀伊勢太夫に新内節をまなび,鶴賀伊勢路太夫,鶴賀伊勢太夫をへて,平成12年若狭掾を襲名。13年新内節浄瑠璃で人間国宝。15年新内協会理事長。東京出身。成城高卒。本名は高橋行道。作曲作品に「婦系図・注文帳」(泉鏡花原作),「明烏三羽起請文」(榎本滋民作・新内芝居)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android