コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹狩り

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鷹狩り

中央アジアの遊牧民が始めたとされる。日本では4世紀に、百済の帰化人が仁徳天皇に献上したのがはじまりだといわれている。天皇は鷹狩り専門の役所を設け、貴族の遊びとしても広まった。その後、鷹狩りは天皇や将軍らの特権となったが、諏訪大社宇都宮二荒山神社では許されていたという。

(2010-09-11 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鷹狩りの関連情報