コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 コウノトリ

5件 の用語解説(鸛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう‐の‐とり〔こふ‐〕【×鸛】

コウノトリ科の鳥。全長約1.1メートル。全身白色で、風切り羽とくちばしが黒い。松などの樹上に巣を作り、姿がタンチョウに似るため「松上の鶴」として誤って描かれた。東アジアに分布。日本では特別天然記念物に指定されたが絶滅した。中国から冬鳥としてまれに渡来。こうづる。
コウノトリ目コウノトリ科の鳥の総称。大形で、脚・くび・くちばしが長い。鳴く器官が退化し、くちばしでカタカタッと音を出す。17種がアフリカアジア南部を中心に分布。

こうのとり[輸送機]

国際宇宙ステーションISS)に物資を運ぶ、日本の無人軌道間補給機HTVの愛称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こうのとり【鸛】

岩手の日本酒。酒名は、幸せを運んでくる象徴としてのコウノトリに由来。キレのある飲み口で穏やかな香りの純米吟醸酒。原料米は雄町。仕込み水は東根山の伏流水。蔵元の「吾妻嶺酒造店」は天明元年(1781)創業。所在地は紫波郡紫波町土舘字内川。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こう【鸛】

コウノトリの異名。

こうのとり【鸛】

コウノトリ目コウノトリ科、ツルに似た大形の鳥。全長1メートルほど。全体は白色で、風切り羽は黒色。くちばしは黒色で長く太く、脚は赤色で長い。ヨーロッパからアフリカ北部、アジアに分布。特別天然記念物。日本で繁殖する個体群は1971年(昭和46)に消滅。冬に大陸から飛来する個体を観察する。現在は大陸産の個体を飼育下で繁殖。鸛鶴こうづる。 〔古来「松上の鶴」として画題にされているのは、ツルではなくコウノトリである。また、北ヨーロッパには、人間の赤ん坊を運んでくる鳥という伝説がある〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鸛の関連キーワード大鳥黒鶴朱嘴鸛大王烏賊鍋鸛禿鸛烏帽子鳥嘴広鸛コウノトリ(鸛)ハゲコウ(禿鸛)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鸛の関連情報