コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹸化・鹼化 けんか

大辞林 第三版の解説

けんか【鹸化・鹼化】

( 名 ) スル
エステル類が加水分解されて、成分のアルコールと酸(主に脂肪酸)とに分かれること。特に、アルカリによるエステル類の加水分解。水酸化アルカリを用いたこの加水分解反応が石鹼の製造に用いられるので、この名がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鹸化・鹼化の関連キーワード加水分解脂肪酸

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android