鹿ノ子遺跡(読み)かノこいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1979~82年の調査で発掘された,茨城県石岡市遺跡。石岡市は奈良・平安時代に常陸国国府が置かれた地で,国分寺・国分尼寺でも知られている。遺跡は市の東北にあり,国府と密接に関連した遺跡とされる。掘立柱建物・竪穴住居・工房の土壙 (どこう) とともに鉄製の武具類や漆紙文書断片 (3857点でうち 289点が解読された) が発掘され,9世紀初めの国府の造兵廠 (しょう) の跡と推定されている。 792年に諸国軍団が廃止されたなかで,9世紀初めに坂上田村麻呂の蝦夷征討が行なわれたが,この遺跡はそれとかかわりのある北関東の兵站 (へいたん) 基地・兵器製作工場ではなかったかという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android