コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿ノ子遺跡 かノこいせき

1件 の用語解説(鹿ノ子遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿ノ子遺跡
かノこいせき

1979~82年の調査で発掘された,茨城県石岡市の遺跡。石岡市は奈良・平安時代に常陸国の国府が置かれた地で,国分寺国分尼寺跡でも知られている。遺跡は市の東北にあり,国府と密接に関連した遺跡とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

鹿ノ子遺跡の関連キーワード松原のぶえ白都真理長谷川真弓不条理日記赤い鳥SF映画日雇労働者エバーメクチン鬼が来た大平正芳内閣

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone