コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿ノ子遺跡 かノこいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿ノ子遺跡
かノこいせき

1979~82年の調査で発掘された,茨城県石岡市遺跡。石岡市は奈良・平安時代に常陸国の国府が置かれた地で,国分寺・国分尼寺跡でも知られている。遺跡は市の東北にあり,国府と密接に関連した遺跡とされる。掘立柱建物竪穴住居・工房の土壙 (どこう) とともに鉄製の武具類や漆紙文書断片 (3857点でうち 289点が解読された) が発掘され,9世紀初めの国府の造兵廠 (しょう) の跡と推定されている。 792年に諸国軍団が廃止されたなかで,9世紀初めに坂上田村麻呂の蝦夷征討が行なわれたが,この遺跡はそれとかかわりのある北関東の兵站 (へいたん) 基地・兵器製作工場ではなかったかという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

鹿ノ子遺跡の関連キーワード近藤芳美荒川洋治五木寛之金壽根ミハルコフ・コンチャロフスキーキリバスシーゲル立松和平土田ヒロミ富岡多恵子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android