コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島弁

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鹿児島弁

薩摩、大隅両地方と宮崎県諸県(もろかた)地方で使われる本土方言の一つ。青森の津軽弁などと同様に共通語と大きな隔たりがあり、県内の離島でも種子島屋久島、トカラ列島は本土方言、奄美群島琉球方言に大きく分類される。県歴史資料センター「黎明館」によると、薩摩藩主の島津家25代重豪(しげひで)は関西の文化を理想に、九州一般を当面の目標にしようと矯正令を出し、篤姫の養父で生まれも育ちも江戸の28代斉彬は家臣に通訳させたという。

(2008-08-06 朝日新聞 朝刊 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

鹿児島弁の関連キーワードダイヤモンド勝田あさむらまほりむかいさとこTAKERU瀬川 洋一郎大久保英一地蔵堂武大磯脇やそよ福山黒酢赤﨑千夏坂元貞美上村依子塚本真也德石勝大原真名美深田愛衣井之上淳真樹孝介三枝貴志榎木孝明

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿児島弁の関連情報