コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島弁

1件 の用語解説(鹿児島弁の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鹿児島弁

薩摩、大隅両地方と宮崎県諸県(もろかた)地方で使われる本土方言の一つ。青森の津軽弁などと同様に共通語と大きな隔たりがあり、県内の離島でも種子島屋久島トカラ列島は本土方言、奄美群島琉球方言に大きく分類される。県歴史資料センター「黎明館」によると、薩摩藩主の島津家25代重豪(しげひで)は関西の文化を理想に、九州一般を当面の目標にしようと矯正令を出し、篤姫の養父で生まれも育ちも江戸の28代斉彬は家臣に通訳させたという。

(2008-08-06 朝日新聞 朝刊 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿児島弁の関連キーワード九州地方志布志湾宮崎県諸加賀諸鉤諸葛井上亀太郎上田集成宮永八百治諸県牛諸井

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿児島弁の関連情報