コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島県いちき串木野市 いちきくしきの〈し〉

1件 の用語解説(鹿児島県いちき串木野市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕いちき串木野〈市〉(いちきくしきの〈し〉)


鹿児島県西部、薩摩半島北西部にある市。
東シナ海に臨む。2005年(平成17)10月、串木野市と日置郡の市来町が合併して成立。市の北東部は八重山山塊につながる山地。沿岸部は吹上(ふきあげ)浜の景勝地。市の中心となる串木野地区は、江戸時代には薩摩藩の麓(ふもと)集落があり、金山の採掘や山岳仏教の拠点として栄えた。現在も三井串木野鉱山が操業。南部の市来地区は古くは港町・地方行政の中心地として繁栄。稲作・柑橘(かんきつ)類、ゴーヤなどの野菜栽培と、焼酎醸造が盛ん。串木野港は遠洋マグロ漁業の基地で、さつまあげ・ちくわなど水産加工業が発達。またハムやソーセージなど食品加工工場も操業する。大里地区に伝わる市来の七夕踊は国の重要無形民俗文化財吹上浜では観光地引網漁行われる

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿児島県いちき串木野市の関連キーワード川内黒島薩摩薩摩半島日置万之瀬川鹿児島鹿屋南さつま東市来[町]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿児島県いちき串木野市の関連情報