コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島県南さつま市 みなみさつま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕南さつま〈市〉(みなみさつま〈し〉)


鹿児島県南西部にある市。
薩摩半島南西部を占め、東シナ海に面する。宇治群島・草垣群島を市域に含む。2005年(平成17)11月、加世田市と川辺(かわなべ)郡の笠沙町、同大浦町、同坊津町、日置(ひおき)郡の金峰町が合併して成立。この合併により、日置郡は消滅。中心の加世田地区は古くから南薩摩の中心地。戦国時代に島津忠良(ただよし)の城下町となり発展。麓(ふもと)集落の武家屋敷が多く残る。坊津町は日本三津(さんしん)の一つとして知られ、古くは遣唐使船の寄港地、中世から近世にかけては海外貿易の拠点として繁栄した。大浦の干拓地では稲作が盛ん。砂丘地でのラッキョウ・カボチャなどの栽培や、傾斜地での茶・ポンカンの栽培、台地でのサツマイモなどの野菜栽培がある。肉牛飼育などの畜産、沿岸漁業とクルマエビ・タイなどの養殖が盛ん。坊津町はカツオ漁業の基地。鰹節やちりめんじゃこなどの水産加工業もある。ほかに食品・電機などの工場が進出。古くから焼酎杜氏の出稼ぎでも知られる。景勝地の吹上浜(ふきあげはま)はウミガメの産卵地としても知られ、砂丘に県立吹上浜海浜公園を整備。陸軍最後の特攻基地である万世(ばんせい)飛行場跡地に万世特攻平和祈念館がある。金峰町に金峰山がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

鹿児島県南さつま市の関連キーワード鹿児島県南さつま市加世田ハーモニー鹿児島県南さつま市加世田地頭所町鹿児島県南さつま市加世田東本町鹿児島県南さつま市笠沙町赤生木鹿児島県南さつま市加世田唐仁原鹿児島県南さつま市加世田内山田鹿児島県南さつま市金峰町中津野鹿児島県南さつま市金峰町浦之名鹿児島県南さつま市加世田地頭所鹿児島県南さつま市坊津町九志鹿児島県南さつま市金峰町高橋鹿児島県南さつま市笠沙町片浦鹿児島県南さつま市加世田武田鹿児島県南さつま市金峰町池辺鹿児島県南さつま市加世田村原鹿児島県南さつま市金峰町宮崎鹿児島県南さつま市金峰町花瀬鹿児島県南さつま市加世田川畑鹿児島県南さつま市坊津町秋目鹿児島県南さつま市金峰町大坂

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿児島県南さつま市の関連情報