コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島県大島郡和泊町 わどまり〈ちょう〉

1件 の用語解説(鹿児島県大島郡和泊町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕和泊〈町〉(わどまり〈ちょう〉)


鹿児島県奄美(あまみ)諸島南部、沖永良部(おきのえらぶ)島東部を占める町。大島郡
高生産農業を確立し、サトウキビサトイモなどの野菜を栽培。黒砂糖黒糖焼酎を特産。キク・ユリ・フリージアの花卉(かき)栽培も盛んで、珊瑚礁とともに花が観光資源として定着。沖永良部空港・和泊港が整備され、鹿児島市と連絡。西郷隆盛(さいごうたかもり)をまつる南洲神社がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿児島県大島郡和泊町の関連キーワード奄美群島国定公園奄美群島沖永良部島薩南諸島名瀬奄美諸島奄美大島住用与論[町]文英吉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone