鹿児島県奄美市(読み)あまみ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕奄美〈市〉(あまみ〈し〉)


鹿児島県奄美諸島、奄美大島東部にある市。
2006年(平成18)3月、名瀬市と大島郡の住用村、笠利町が合併して成立。北部で東シナ海、南部で太平洋に面する。島北東端の笠利町地区は、大島郡龍郷町を挟み飛び地となっている。奄美空港がある。中心の名瀬は、古くは琉球王国に属し、近世には薩摩藩の直轄領となる。奄美諸島の中心地として発展。第二次世界大戦後、1953年(昭和28)まではアメリカ軍が統治。伝統の大島紬(おおしまつむぎ)や黒糖焼酎の製造のほか、サトウキビ・柑橘(かんきつ)類やバナナ・トロピカルフルーツの栽培、林業などが行われる。クルマエビの養殖漁業もある。本場大島紬伝統産業会館、奄美観光ハブセンターなどの観光施設があり、大浜海浜公園、摺古崎(すりこざき)海中公園、あやまる岬(いずれも奄美群島国定公園に指定)など景勝地も多い。住用町地区には国指定の天然記念物である神屋・湯湾岳があり、国の特別天然記念物のアマミノクロウサギなど、貴重な生き物の生息地となっている。日本画家・田中一村(たなかいっそん)記念美術館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿児島県奄美市の関連情報