コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島県姶良市 あいら〈し〉

1件 の用語解説(鹿児島県姶良市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕姶良〈市〉(あいら〈し〉)


鹿児島県中央部、薩摩半島大隅半島の岐部にある市。
2010年(平成22)3月、姶良郡の姶良町、加治木町、蒲生町が合併して成立。南東部は鹿児島湾に面する。姶良カルデラ沖積低地で、シラス台地が多い。JR日豊本線九州自動車道東九州自動車道が通じ、隣接する鹿児島市・霧島市のベッドタウンとして発達。焼酎・龍門司(りゅうもんじ)焼などを特産。蒲生和紙が伝わる。いずれも国指定史跡の白銀(しらかね)坂・龍門司(たつもんじ)坂がある。八幡神社の蒲生の大クスは樹齢1000年を超える巨大なクスノキで、国の特別天然記念物に指定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿児島県姶良市の関連キーワード大隅半島鹿児島湾霧島屋久国立公園黒島薩摩半島万之瀬川イタリア半島鹿児島垂水垂水[市]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿児島県姶良市の関連情報