鹿児島県姶良郡湧水町(読み)ゆうすい〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕湧水〈町〉(ゆうすい〈ちょう〉)


鹿児島県北東部の町。川内(せんだい)川上流域に位置し、北東部で宮崎県に接する。姶良(あいら)郡
2005年(平成17)3月、同郡の栗野町、吉松町が合併して成立。JR肥薩(ひさつ)線・吉都(きっと)線の分岐点。稲作・ネギ・サツマイモなどの野菜、果樹や花卉(かき)の栽培が盛ん。栗野岳山麓では肉牛・乳牛の放牧が行われ、豊富な湧水を利用したコイの養殖も行われる。繊維・電機・食品などの工場がある。竹製品が特産品。栗野岳を含む一帯は霧島屋久島国立公園に指定されている。幸田の棚田は日本棚田百選の一つ。三日月池周辺は栗野町ハナショウブ自生南限地帯として国の天然記念物に指定。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android