コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島県曽於市 そお〈し〉

1件 の用語解説(鹿児島県曽於市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕曽於〈市〉(そお〈し〉)


鹿児島県東部にある市。
大淀川上流部から大隅半島北部に位置する。北東部は都城(みやこのじょう)盆地の一角を成し、宮崎県都城市に隣接する。2005年(平成17)7月、曽於郡の大隅町、財部町、末吉町が合併して成立。JR日豊本線東九州自動車道が通じる。隣接する都城市との経済的結びつきが強い。稲作のほか、茶・サトイモサツマイモゴボウ・ユズ・スイカなどの栽培が行われ、和牛・黒豚などの畜産業も盛ん。北部の山林ではスギ・ヒノキの製材業も活発。繊維・食肉加工などの工場がある。大淀川の上流に景勝地大川原峡がある。大隅町に伝わる弥五郎どん祭は、県の無形民俗文化財

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿児島県曽於市の関連キーワード鹿児島大学姶良磐城川上峡曽於アミュプラザ鹿児島鹿児島アリーナフレスタ鹿児島末吉[町]鹿児島県十島村

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿児島県曽於市の関連情報