鹿児島県肝属郡南大隅町(読み)みなみおおすみ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕南大隅〈町〉(みなみおおすみ〈ちょう〉)


鹿児島県南東部にある町。大隅半島南部に位置する。肝属(きもつき)郡
2005年(平成17)3月、同郡の根占町、佐多町が合併して成立。九州本島最南端の佐多岬一帯は、霧島屋久国立公園の一部で、日本最古の灯台である佐多岬灯台がある。亜熱帯植物が繁茂し、国の特別天然記念物であるソテツ自生地がある。佐多岬海中公園、大浜海浜公園などが整備され、観光客も多い。主な産業は農業で、サツマイモ・柑橘(かんきつ)類・ライチなどのトロピカルフルーツ・スナップエンドウなどの栽培と畜産、ブリ・イワシなどの沿岸漁業が盛ん。根占(ねじめ)港は戦国時代より琉球貿易で栄え、唐人(とうじん)町跡が残る。国指定の天然記念物である稲尾岳がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android