コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島県肝属郡南大隅町 みなみおおすみ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕南大隅〈町〉(みなみおおすみ〈ちょう〉)


鹿児島県南東部にある町。大隅半島南部に位置する。肝属(きもつき)郡
2005年(平成17)3月、同郡の根占町、佐多町が合併して成立。九州本島最南端の佐多岬一帯は、霧島屋久国立公園の一部で、日本最古の灯台である佐多岬灯台がある。亜熱帯植物が繁茂し、国の特別天然記念物であるソテツ自生地がある。佐多岬海中公園、大浜海浜公園などが整備され、観光客も多い。主な産業は農業で、サツマイモ・柑橘(かんきつ)類・ライチなどのトロピカルフルーツ・スナップエンドウなどの栽培と畜産、ブリ・イワシなどの沿岸漁業が盛ん。根占(ねじめ)港は戦国時代より琉球貿易で栄え、唐人(とうじん)町跡が残る。国指定の天然記念物である稲尾岳がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

鹿児島県肝属郡南大隅町の関連キーワード錦江湾サウスロードユースホステル鹿児島県肝属郡南大隅町根占横別府鹿児島県肝属郡南大隅町佐多伊座敷鹿児島県肝属郡南大隅町根占川北鹿児島県肝属郡南大隅町根占川南鹿児島県肝属郡南大隅町佐多馬籠鹿児島県肝属郡南大隅町根占山本鹿児島県肝属郡南大隅町根占辺田鹿児島県肝属郡南大隅町佐多辺塚鹿児島県肝属郡南大隅町佐多郡諏訪神社