コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島県肝属郡錦江町 きんこう〈ちょう〉

1件 の用語解説(鹿児島県肝属郡錦江町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕錦江〈町〉(きんこう〈ちょう〉)


鹿児島県大隅半島南西部にある町。肝属(きもつき)郡
西部は鹿児島湾に臨み、南部を肝属山地が占める。2005年(平成17)3月、同郡の大根占(おおねじめ)町、田代町が合併して成立。町名は鹿児島湾の別称「錦江湾」に由来する。稲作、茶・サツマイモ・葉タバコ栽培などの農業と畜産、林業が盛ん。沿岸部ではノリやハマチの養殖漁業が営まれる。雄()川上流は石畳が広がる景勝地で、花瀬(はなぜ)公園が整備されている。稲尾岳針葉樹林帯は国の天然記念物に指定。大根占港からは湾を挟んで向かい合う指宿港へフェリーが通じる。海岸部からは桜島を望める。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿児島県肝属郡錦江町の関連キーワード大隅半島加世田肝属川肝属山地根占鹿屋内之浦[町]大根占[町]垂水[市]根占[町]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone