コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島県肝属郡錦江町 きんこう〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕錦江〈町〉(きんこう〈ちょう〉)


鹿児島県大隅半島南西部にある町。肝属(きもつき)郡
西部は鹿児島湾に臨み、南部を肝属山地が占める。2005年(平成17)3月、同郡の大根占(おおねじめ)町、田代町が合併して成立。町名は鹿児島湾の別称「錦江湾」に由来する。稲作、茶・サツマイモ・葉タバコ栽培などの農業と畜産、林業が盛ん。沿岸部ではノリやハマチの養殖漁業が営まれる。雄()川上流は石畳が広がる景勝地で、花瀬(はなぜ)公園が整備されている。稲尾岳の針葉樹林帯は国の天然記念物に指定。大根占港からは湾を挟んで向かい合う指宿港へフェリーが通じる。海岸部からは桜島を望める。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

鹿児島県肝属郡錦江町の関連キーワード鹿児島県肝属郡錦江町田代川原鹿児島県肝属郡錦江町田代麓鹿児島県肝属郡錦江町馬場鹿児島県肝属郡錦江町城元鹿児島県肝属郡錦江町神川でんしろう田代町

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android