鹿児島県薩摩郡さつま町(読み)さつま〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕さつま〈町〉(さつま〈ちょう〉)


鹿児島県北部、薩摩郡にある町。
川内(せんだい)川上中流域を占める。2005年(平成17)3月、薩摩郡の宮之城町、鶴田町、薩摩町が合併して成立。同郡唯一の自治体。町中心部の宮之城地区は古くから北薩地方の交通の要衝。かつては国鉄宮之城線が通じていたが1987年(昭和62)廃線。旧宮之城駅跡は鉄道記念館となっている。薩摩地区は江戸時代には永野金山の鉱山町として繁栄した。農業が盛んで、稲作を中心に、葉タバコ・茶・ウメなどの栽培と、肉牛などの畜産が行われる。竹林が多く、割り箸・すだれなどの竹製品やタケノコを特産。焼酎醸造や薩摩切子などのガラス工芸も盛ん。電機関連の工場がある。鶴田ダムは西日本最大級のダムで、ダム湖の大鶴湖はヘラブナ釣りの名所。町内には紫尾温泉、宮之城温泉が湧く。北東部に滞在型リゾート施設のイースタンリゾート薩摩がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android