鹿児島県薩摩郡さつま町(読み)さつま〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕さつま〈町〉(さつま〈ちょう〉)


鹿児島県北部、薩摩郡にある町。
川内(せんだい)川上中流域を占める。2005年(平成17)3月、薩摩郡の宮之城町、鶴田町、薩摩町が合併して成立。同郡唯一の自治体。町中心部の宮之城地区は古くから北薩地方の交通の要衝。かつては国鉄宮之城線が通じていたが1987年(昭和62)廃線。旧宮之城駅跡は鉄道記念館となっている。薩摩地区は江戸時代には永野金山の鉱山町として繁栄した。農業が盛んで、稲作を中心に、葉タバコ・茶・ウメなどの栽培と、肉牛などの畜産が行われる。竹林が多く、割り箸・すだれなどの竹製品やタケノコを特産。焼酎醸造や薩摩切子などのガラス工芸も盛ん。電機関連の工場がある。鶴田ダムは西日本最大級のダムで、ダム湖の大鶴湖はヘラブナ釣りの名所。町内には紫尾温泉、宮之城温泉が湧く。北東部に滞在型リゾート施設のイースタンリゾート薩摩がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android