コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿児島県阿久根市 あくね〈し〉

1件 の用語解説(鹿児島県阿久根市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕阿久根〈市〉(あくね〈し〉)


鹿児島県北西部にある市。
東シナ海に面する。八代海(やつしろかい)の長島と黒之瀬戸(くろのせと)大橋で結ばれる。古くから薩摩(鹿児島県)と肥後(熊本県)・肥前(ひぜん)(佐賀・長崎県)を結ぶ交通の要衝で、薩摩藩の港町・麓(ふもと)集落として繁栄。イワシ・アジなどの水産加工業が盛ん。野菜・柑橘(かんきつ)類の栽培が盛んでボンタンを特産。高松川河口部に阿久根温泉があり、沖合の阿久根大島は海水浴場と野生ジカで知られる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿児島県阿久根市の関連キーワード薩摩半島日置万之瀬川鹿児島伊佐曽於市来[町]川内[市]東市来[町]日吉[町]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿児島県阿久根市の関連情報